葉酸の欠乏症

葉酸は体の細胞の新生に必要なDNAの合成を行うという働きがあり、また赤血球の生産にも不可欠な栄養素になっていますので体内で不足してしまうと様々な体の変化を引き起こす「葉酸欠乏症」になります。この欠乏が原因でなる病気の一つには血液中の赤血球が正常に作り出されなくなることで体が酸欠状態となり、頭痛やめまいなどの貧血や舌の炎症や手足のしびれなどの症状が現れる「悪性貧血」という病気があります。

 

他にも妊娠している女性が葉酸欠乏症になると、胎児の細胞分裂が正しく行われなくなり先天的性の障害を引き起こす原因になってしまうこともあります。

 

ただ葉酸は緑黄色野菜や納豆・果物に多く含まれている栄養成分になり、普通にバランスよく食事をしていれば不足することはあまりありません。しかし葉酸は体内で作リ出すことができないものですので偏った食事で栄養が取れなかったり、吸収を妨げてしまうアルコールを大量に摂取していたりすると不足してしまうことがあります。

 

また食物に含まれている葉酸は水溶性のビタミンのため熱に弱く、加熱調理すると栄養素が溶けだしてしまうという特徴があり摂取が難しいものとなっています。そのため葉酸欠乏症を改善するには食事からだけでなく、効率的に必要量を摂取することができる葉酸サプリメントを利用することがお薦めされています。