葉酸は赤ちゃんを元気に産むための一つの方法

妊娠中の食事制限ほど、私は辛いことはありませんでした。
これもみんな肥満がいけなかったんですけどね。

 

元々肥満体型で、妊娠中の体重増加が激しい人は、産院によって厳しい体重管理が入ります!
すべては赤ちゃんを健康に産むために必要な行為なのですが、まあ看護師さんも同性のせいか、言葉がきついきつい・・・。

 

妊娠中の体重管理というのは、基本的に小さなメモ帳の様なものを渡されて、
次回の妊婦健診までに食べた食事内容を記録するというもの。
そこで体重増加が激しかった場合は、「肉が多い!」「炭酸飲料の飲みすぎ!」とか、小姑のようにうるさい指導が入るわけです。

 

看護師さんってもっと優しい物だと思っていたけど、うちの産院の看護師さんは、本当に手厳しかった!
でも、そのおかげで妊娠中毒症にもならないで、無事に健康な赤ちゃんを授かれたのですから、愛のムチだったのかな・・・と今は思うことができます。

 

ただ、つわりの時期はさすがに食欲が落ちてしまい、妊活の時期からずっと飲んでいた葉酸サプリメントすら飲めなくなり最初は葉酸の取りすぎ症状による嘔吐かなって思っていました。

 

ただ、妊娠検査薬で陽性反応が出て、嘔吐が葉酸の取りすぎ症状ではなく、つわりとわかった時には嬉しかったですけどね。