葉酸の生体利用率

何かを体内に取り入れた時、100%が使われるかと言ったらそうではなく、使われない部分も出てきます。
どれだけ利用する事ができたか、それを示すものが生体利用率です。
サプリメント等を利用する場合も、この生体利用率について良く理解しておく事が重要です。

 

妊娠や貧血、さらに体のバランスを整えると言った点から摂取する野が好ましい物の一つが葉酸サプリでしょう。
葉酸はビタミンの一種で、大豆やほうれん草の中に豊富に含まれていますが、加熱調理をする事で減ってしまいます。

 

またダイエットなどをしていると食べ物の摂取量自体が減ってしまい、結果的に葉酸不足に陥ってしまっている人も珍しくありません。
葉酸サプリはそういった葉酸不足を解消する事ができる物として注目を集めています。

 

ただここで気を付けたいのは葉酸の生体利用率です。
葉酸サプリの原料となってる葉酸は、天然の物と人工の物の2つがあります。

 

天然の物は大体50%程度、人工の物は大体85%程度の利用率となっているので、両者を同じように摂取する事はできません。

 

葉酸は不足しても良くない物ですが、過剰に摂取する事で食欲不振やむくみ、皮膚へのアレルギー反応などが出る可能性が出てくるので、製品に記されてい用量を守って正しく利用する事が重要です。